▼工具/車/洗車ガイド▼ トルクレンチのプレート式

▼工具/車/洗車ガイド▼ トルクレンチのプレート式


▼工具/車/洗車ガイド▼ トルクレンチのプレート式
"トルクレンチというのはその程度の差こそありますが測定可能範囲の上限と下限付近におきましては精度は落ちてしまうのが普通となっています。

またプリセットタイプで設定上限付近での使用を繰り返してしまうと、コイルスプリングへの負担が大きくなってしまうために、狂いやすくなる傾向もあります。

例えば5?40Nmといったワイドレンジのレンチ1本を使って整備全てをまかなってしまうことにより、限界の40Nm付近を多用してしまうとレンチに負担がかかり、良好な状態に保つためには精度チェックを出来るだけこまめに行う必要があるのです。"




▼工具/車/洗車ガイド▼ トルクレンチのプレート式ブログ:2019年05月12日

腹筋トレーニングに関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋トレーニングを50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビでダイエットに成功した芸能人が
「連日、腹筋トレーニングを100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

ダイエットに詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
ダイエット効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋トレーニングを100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数のトレーニングは
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
トレーニング学では基本的なことです。

ダイエットでは
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
体のラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数のトレーニングは適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
ダイエットでは15~20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15~20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15~20回で行い、
2~3セット行うのが効果的な
お腹周りの筋肉の鍛え方となります。

さあご飯食べよ~っと。
▼工具/車/洗車ガイド▼ トルクレンチのプレート式

▼工具/車/洗車ガイド▼ トルクレンチのプレート式

★メニュー

▼工具/車/洗車ガイド▼ ワイパー交換について
▼工具/車/洗車ガイド▼ プライヤーとは
▼工具/車/洗車ガイド▼ 車の洗車のポイント
▼工具/車/洗車ガイド▼ エアーコンプレッサの性能と使い方
▼工具/車/洗車ガイド▼ 工具の販売と通販
▼工具/車/洗車ガイド▼ バイクのバッテリーの注意点
▼工具/車/洗車ガイド▼ 最低限必要なバイク用品
▼工具/車/洗車ガイド▼ バッテリーを学ぼう
▼工具/車/洗車ガイド▼ トルクレンチのプレート式
▼工具/車/洗車ガイド▼ パンク修理の手順


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える
(C)わかった!水圧洗浄機情報