▼工具/車/洗車ガイド▼ プライヤーとは

▼工具/車/洗車ガイド▼ プライヤーとは


▼工具/車/洗車ガイド▼ プライヤーとは
"プライヤと呼ばれているものの正式名称は、コンビネーションプライヤ(Slip joint combination pliers with cutters)と言います。
ペンチよりも開口範囲を大きくとることが可能なため、ジョイント部分であるピボットがスライド構造となっている工具です。

大きな物を挟みこむ場合には、ピポッドを握り方向にスライドさせることで、先端部分が大きく開きますが、通常この状態では先端部分は完全に閉じません。
プライヤは通常のペンチよりも、挟みこむ物の範囲が大きくなっているために、自動車の車載工具によく採用されています。"




▼工具/車/洗車ガイド▼ プライヤーとはブログ:2019年03月03日

自分が親になった時は、
「親バカ」にはならないでおこう!
なんて思っていたのだが…

最近になって、
「親が親バカにならなかったら、
誰がこの子のためにバカになってくれるのか」と感じてから、
ぼくは、堂々と親バカ宣言しはじめている。

というのも、
他人から見れば「なんや、この親バカ」というような、
親の子どもに対する見方が、
実は子どものアイデンティティに
大きく影響(それも好影響)しているのではないか…
と思える様になってきたからだ。

小さな子どもがどんどん伸びる時、
それは褒められている時だ。

「教育の基本は褒める事」だと
確信しているぼくとしては、
子どもの事はどんどん誉める。

しかし、この褒めるという行為、
本気で「うぁ、すごい」と思っている時と、
「ほめておこうか」と義務的に言葉だけで言っている場合と、
子どもはその違いにすぐに気がつく。

つまり、
親が本気で子どもに対して、
「すごい!」と思っていないと、
なかなか子どもには伝わらない…

だからこそ、
この「親バカ」が
とっても大切になってくるのだ。

子どもの描く絵に
「この子は将来芸術家になるかもしれない」と思ったり、
音楽に対するノリが
「普通の子とはちょっと違う」と思ったり…

こういう気持ちは他人から見れば
プッと噴き出す感情かも知れないが、
ぼくはその感情を隠さない。

ぼくは自分の人生に関わりもなさそうな人に
「良識のある親」なんて思ってもらわなくて結構…

他人の評価なんて、
自分の人生をプラスに変える場合以外は、
気にしなくて良いのだ。

それよりも、
目の前にいる子どもが、
日々を生き生きと、
自己表現する喜びを感じながら育って欲しい!と思う。

▼工具/車/洗車ガイド▼ プライヤーとは

▼工具/車/洗車ガイド▼ プライヤーとは

★メニュー

▼工具/車/洗車ガイド▼ ワイパー交換について
▼工具/車/洗車ガイド▼ プライヤーとは
▼工具/車/洗車ガイド▼ 車の洗車のポイント
▼工具/車/洗車ガイド▼ エアーコンプレッサの性能と使い方
▼工具/車/洗車ガイド▼ 工具の販売と通販
▼工具/車/洗車ガイド▼ バイクのバッテリーの注意点
▼工具/車/洗車ガイド▼ 最低限必要なバイク用品
▼工具/車/洗車ガイド▼ バッテリーを学ぼう
▼工具/車/洗車ガイド▼ トルクレンチのプレート式
▼工具/車/洗車ガイド▼ パンク修理の手順


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える
(C)わかった!水圧洗浄機情報